家をつくる会社 工務店の他には?

​みなさんが家づくりを依頼する会社はどんなところですか?と尋ねると、真っ先に「工務店!」という方は・・・残念ながら少数派ですね。

どんな仕組みでどういう人がどう造るの?違いやメリット、デメリットは何?という質問に答えられる方も・・・残念なから少数派です。

​家づくりの一番わかりづらいところ、どこに頼むべきかをまずカテゴリー別に考えましょう。

ハウスメーカー

いわゆる全国展開で住宅を売っている会社です。軽量鉄骨プレハブ系が多いですね。営業マンがいて担当者として家づくりをずっとサポートしてくれますが、何でも自由というわけではなく、メーカーの指定の構法や建材が基本となりオリジナル製品を取り揃えています。

工場生産の割合を増やし資材一括購入するなど、標準化と効率化によるコストダウンを図るが、全国で数を販売しなくてはならないため莫大な広告宣伝費と住宅展示場などの経費が建築費に加算されます。

住宅展示場や工場見学などの見える化や、カタログなどのツールが充実しているのが特徴です。

パワービルダー

分譲を中心として注文住宅も行い、中広域の地域展開で主に一次取得者層(はじめてマイホームを購入する層)をターゲットとしたする住宅建設会社です。

首都圏では飯田グループが有名です。

​一時取得者層向けなので基本はローコスト。土地建物込みで住宅ローンが付けやすい価格帯のものが主力商品です。

​設計事務所

設計と監理のみを行い施工は行ないません。デザイン系、アトリエ系、建築相談系など特徴が別れますが、世界的にみて素晴らしいデザインや設計はここでしか生まれないので、この類を求めるならば依頼先は設計事務所で探すことになります。

通常設計者が施工も含めてトータルで管理することになっていますが、契約は別々となるため、一貫性は双方のパートナーシップレベル次第です。

​工務店

地域密着の小規模な業態で、営業と設計を社長が行って、現場監督と大工、一般事務程度ですべての仕事をまかなう、年間5~10棟程度の新築を建てる会社が大半です。

社長が監督もかねて大工だけを使う年2~3棟の会社、リフォーム中心の小さな会社、年間20棟以上の新築を行う、営業と設計が存在しモデルルームなどを持つ大きな会社もあります。

​ここでいう工務店は建設業の許可と設計事務所登録を持つ「設計施工型」の会社です。