• くらしの社長

住宅の温熱環境改善調査研究

最終更新: 2019年6月22日

浴室などのヒートショック事故を激減させるための調査研究を、ベターリビングという財団法人がやっています。


2年前からこの調査や普及のワーキングクループに参加し協力していました。



温度差を押さえてヒートショックを無くす事で、浴室での事故は減る?

正直それだけの事かと思っていましたが、真相はもっと複雑、というか建築だけの話では無いのです。


おおざっぱに言うと「浴室事故撲滅キャンペーン」みたいな取組ですが(おこられるかな?)、医学的見解から国単位の指針や基準、日本の文化や歴史までさかのぼる話なので、特に日本では結構やっかいな問題だということがわかりました。


キーワードは「温度」。ということで温度計の写真ですが、

これは、自宅のあらゆるところの温度を把握してもらい、問題点を認識していただくためのツールです。


まずは、住まいを寒くしないことと、お風呂の入り方に気を付ける事。

この二つは連動します。

くつろぐ部屋が寒いと熱い風呂にゆっくり浸かりたくなる・・・日本人の至高の時間ですね。


これが問題です。


熱い湯と長風呂は危険! → 41℃以下・10分以内 


だそうです。


寒い部屋では血圧は上昇します。

風呂に入ると一旦血圧は下がり、そして再び上昇。

それが続くと脱水症状+脱水症状=倒れて動けなくなる。


これがメカニズムです。

危険ですよね?


44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示