• くらしの社長

池袋の家


ビルが立ち並ぶ中に、木造の家が上棟しました。



周辺一帯は防火地域でコンクリートか鉄骨造の「耐火建築物」がほとんどを占めますが、

そこに木造が建つと、なんとなく温かみがあってとても新鮮に感じます。


この家は耐火木造の3階建てで耐震等級3の構造強度と、省エネルギー性能が高い「東京ゼロエミ住宅」の評価を受けています。このゼロエミ住宅の普及も兼ねて1月末~2月始めに見学会を行う予定です。


小屋組みには、大きな吹抜けがと3階の広い空間の大スパンを飛ばす、大きな梁が備わります。

今入手が困難な米松集成材ですが、少し影響を受けながらも実現しました。


屋根はマス目のように組んだ、剛性の高い24㎜の合板組みです。

3階は小屋裏空間を全て使うため、全て登り梁で組んでいます。

登り梁が整然と並ぶ、とてもきれいな小屋組みなのですが、耐火のため全ての構造材は石膏ボードでくるんでしまうので、見えなくなってしまうのが残念です。 見えるのは今のうちだけ。






閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示