03-5878-0236

住まいのこと、ホームページの内容について、その他なんでもお気軽にどうぞ。

株式会社くらし工房大和

(くらしこうぼうだいわ)

〒134-0082 東京都江戸川区宇喜田町1281-102​

​TEL 03-5878-0236

いえもりの会バナー.jpg

FAX 03-5878-0237

施工可能エリア:江戸川区|葛飾区|江東区|墨田区|文京区|台東区|中央区|足立区|荒川区|千代田区|中央区|港区|品川区|大田区|目黒区|世田谷区|中野区|新宿区|浦安市|市川市|船橋市|習志野市|千葉市|鎌ヶ谷市|松戸市  その他の地域についてはご相談ください

Copyright 2019 くらし工房大和 All Rights Reserved

  • Facebook Social Icon

奥沢の家(地下RC造+木造2階)

奥沢の住宅街に建つ、地下RC構造+木造2階建て住宅です。 木造部分はLVLウォール構造と在来木造のハイブリッド。建物の真ん中に斜めに走る壁

全面LVLウォール。積層のあらわしの壁となり、独特の表情を持つ木のアクセントとなりそうです。

LVLは、以前にみやむら動物病院(写真右)で行った積層面をデザインで見せる特殊な使い方です。

準耐火の外壁材として認定を受けている100%木材の壁(厚さ150㎜)を連続させる壮観なデザインでした。

今回は左右を仕切る壁(写真中央の真ん中の壁)に使います。

基礎工事では地下室(半地下)の根伐りで山留を行いながら大量の土を搬出します。

そして地下室の床の部分となる建物の基礎底版から鉄筋を組んで行きます。

ここには大きな地中梁と耐圧版が組まれます。

地下室壁の型枠です。外部は全て断熱材を打ち込みます。地中になる部分は50㎜の3種スチレンフォーム、地上部分は外壁及び通気層が下りてくるので25㎜。枠の納まりのために25㎜部分は一旦2重に張り、あとで1枚剥がす事にしました。

地下の掘り下げたところが断熱材で囲まれるので、現場は温かそうですが実際は寒いです。

夏場、地下室は地熱の影響でとても涼しいのですが、断熱をしっかりおこなっていないと結露が絶えません。断熱はそのためにしっかりおこないます。

地下室の壁の配筋では、トイレや洗面、換気扇のダクトなどの配管貫通穴と、コンセントやスイッチなどをコンクリート打ち込み前に設置します。

ある程度の大きさの貫通穴は補強のためにひし形状に補強鉄筋が入ります。コンクリート構造の場合、この位置が間違っていたりずれてしまったりすると、後で修正する事はとても困難のためここは慎重に行う重要な作業となります。

地中梁、スラブ、壁、それぞれの段階で設計者や瑕疵保険の配筋検査が行われいます。小さなミスでもコンクリートを打ってしまってから修正を行うのは大変なことなので、複数の目でしっかり検査を行います。

地下室の上部分、コンクリートスラブまで鉄筋と型枠が組上がり、コンクリートの打設を行います。地下の壁と天井を同時に打ち込みを行う為、ジャンカ(コンクリートにスキマが出来る事)が出来ないように慎重に打ち込みます。

この上には、これから立上るLVLウォールと在来の木造との接合のために、様々なアンカーボルトのセットを行います。

木造の建て方がはじまります。

まず最初に真ん中のLVLのウォールから順番に建てて行きます。LVLは薄い板を重ねあわせてつくったもので、縞々の模様が木の豊かな表情となって現われます。

足元の大きさは1.2m×15㎝。背の高いもので5mあり重さは約500㎏もあるので、レッカーで吊りながら1枚1枚建て込んで行きます。

LVLを建てた後、在来木造部分を組み合わせて行きますが、LVLの壁が建物に対して斜めに入るため、全て特殊な仕口と金物になりなかなか思うようには進みません。しかもこの時点ではLVLは自立していないため危険も伴うため、慎重に行います。