03-5878-0236

住まいのこと、ホームページの内容について、その他なんでもお気軽にどうぞ。

株式会社くらし工房大和

(くらしこうぼうだいわ)

〒134-0082 東京都江戸川区宇喜田町1281-102​

​TEL 03-5878-0236

いえもりの会バナー.jpg

FAX 03-5878-0237

施工可能エリア:江戸川区|葛飾区|江東区|墨田区|文京区|台東区|中央区|足立区|荒川区|千代田区|中央区|港区|品川区|大田区|目黒区|世田谷区|中野区|新宿区|浦安市|市川市|船橋市|習志野市|千葉市|鎌ヶ谷市|松戸市  その他の地域についてはご相談ください

Copyright 2019 くらし工房大和 All Rights Reserved

  • Facebook Social Icon

耐震診断・耐震補強

​地震はいつどこで起こるかわかりません

世界中で起きるM6.0以上の地震の約2割が、日本とその周辺で起きていると言われています。

いつ、どこで起こるかわからない地震は、もしかしたら明日かもしれません。そのために自宅が安全かどうか、早目に調べておきたいですね。

あなたの家は大丈夫ですか?

昭和56年以前の木造住宅に、特に大きな被害が出ています。

宮城県沖地震(昭和53年)の大きな被害などを受け、昭和56年から建物の強度が見直され、「新耐震」と呼ばれる耐震基準が出来ました。

ですが、それ以前の建物は耐震性についての明確な基準がほぼなかったのです。

この新耐震基準前の建物に対して、耐震診断と設計・補強工事を助成する制度が各自治体にあります。この制度を使って是非一度診断を受ける事をお奨めします。

 

昭和56年以降の建物であっても、耐震基準はその後少しづつ見直されてきています。そのため現行の基準とは違っていたり、年数とともに構造材自体や接合部分が老朽化して、満足な耐震性が見込めない場合もあるので、リフォームを行う際にインスペクションを行って今の状態を調べることも大切です。

耐震補強を行うには

耐震補強では、下の図のように診断・設計・工事の3つをそれぞれの専門家が行います。

耐震診断を行うと、自分の家が大きな地震に対してどの程度耐えられるのかが、おおよそわかります。診断結果は評点という数値で表され、1.0を切ると「倒壊の可能性がある」と診断されます。

昭和56年以前の建物ではほとんどが大きく1.0を切る結果が出ますが、これに対して適切な補強計画を行い、実際の工事を行います。

耐震に関する助成対象の条件や金額は自治体によって違います。詳しくは各自治体で相談窓口を設けていますのでお問い合わせください。

​住みながらでも出来るの?

耐震補強工事は、1部屋づつ、またはエリアごとに行う事が出来るので、一部お使い出来ない部屋が出来る程度で住みながらの工事が出来ます。

また、場所によっては外側の雨戸の戸袋などから補強することも出来るので、生活に影響が少ないように工夫することも出来ます。

他の工事と一緒に行うと得?

耐震補強工事は、浴室のリニューアルや部屋のクロスの貼り替え、床の貼り替えなどと行うとお得です。

また更に発展させて、壁や床に断熱を入れて省エネ改修を抱き合わせで行う事も、費用の面で大きなメリットがあります。

抱き合わせの工事のメリットについては、耐震診断の状況とリフォームの計画などによって変わります。お気軽にご相談ください。

江戸川区耐震コンサルタント派遣制度

江戸川区では自治体が耐震コンサルタントを派遣し、耐震診断費用すべてを助成しています。くらし工房は江戸川区の耐震コンサルタントに登録をしているので、診断から補強工事まですべてを行う事が出来ます。

リフォームの計画と合わせて助成制度を利用し、費用を押えた工事計画も可能です。